読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きぼうは遠い日のおもいで

目標はお酒を飲まないことじゃない

あれから随分時間がたった。

先生に電話をして話しを聞いてもらったり、

通院を続けているけれど

お酒はやめられず。

夜勤前にも飲んでしまうようになっている。

 

やめたあとの絶望感がひどくて

あれがまた来るかと思うとすごく怖い。

その話もして

イミドールが少し増量になった。

 

先生と話すと

本当はやめたいんだと再確認する。

 

先生には治療として飲んでるところもあるからと言われた。

 

いわゆる自己治療としての飲酒だけど

それはあると思う。

 

でも何もすすんでいなくて

身体がしんどいばかりで

仕事場では自己嫌悪で一杯になって

治療というか

前にすすまないための

今の自分から変わるのがこわいだけの

逃避だと思う。

飲んだら楽になる。

明日もなんとかやれるかも、

恥ずかしい気持ちを薄らげることができる。

治療が回復への一歩だとすれば

全く治療法でもなんでもない。


知ってしまったから

余計行動できない自分を実感する。


先生はじっくり話しを聞いて

質問すれば一緒に考えてくれる。

でも自分がどうにかするしかない

自分が自分のために何かするしかない。


しんどいねと言われたところで全然嬉しくない。慰めだとわかるから。


自分のために

自分がどうにかしていくしかない。


難しい。