きぼうは遠い日のおもいで

目標はお酒を飲まないことじゃない

診察

夜勤前で時間がないから処方だけでよかったけれど、診察室に呼ばれて

食欲、睡眠がまだいまいちと話して処方が増量。


10日後に予約があるってことで、簡潔に話して終わり。


今現在、なかなかつらい。

何がつらいかと言うと、他のスタッフの言葉を気にしないようにと思っても

どうにも気になり、イライラしたり、そんなんじゃないしって感じで

そうなるともう逃げたいっていうか

本末転倒なんだけど、お酒が飲みたくて仕方がなくなる。


この環境は私にとって良いものとは思えない。押さえていなければならない感情が多すぎて、私は私だけど、私じゃないふりをしているから、ガタがすぐに来てしまう。しかもひどくなる、お酒に逃げたくなる。

自分はここにいるべき人間ではないのではとの思いが強くなる。


当事者として

言葉にイライラしたり悲しんだり、それを隠して生活することは

自分のことも整理できない、ただ空回りしているだけの、なんともいえなさ。


どうしてこの状況になったのか。

つらい。

広告を非表示にする