読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きぼうは遠い日のおもいで

目標はお酒を飲まないことじゃない

お酒なしの安心が幸せ

あの頃の自分を振り返りながら講義を受けると、何もかもが腑に落ちて、まさにそうだったじゃん私!

ってのばかり。


アルコールに無関心なクリニックに行って、ベンゾジアゼピンを処方され、アルコールを飲みながら摂取する。効かないと言うと、それじゃあと違うベンゾジアゼピンを処方されていた。自分の訴えは消えずずっと存在し続けるし、生き方も変わらず、クスリに頼るだけ。


たまたま今の先生に会ったことで

アルコールに問題があるのだと知り、今のあなたが訴えていることを軽くしたりなくしたりするには、まずお酒をやめることだと言われた。


始めは

アルコールのせいなんかじゃないと思うけど〜!!なんて考えてたけど

これが

アルコールのせいだったんだな!!

体感した今なら理解できる。


とにかくなんでもアルコールを摂取する理由になっていた。

ストレス、不安、緊張、怒り

なんでもかんでもがアルコールに繋がる思考。


飲むと安心感があった。

向き合わなくていいという安心。

先生は私に

幸せなお酒じゃないよね

それはあなたが一番わかってるよね

と言った。

そう、自分が一番わかっている、飲んで幸せな気持ちなんてこれっぽっちもない。安心感なんて言ってるけど、言葉を好きなように当てはめてるだけ。自分を見つめないようにしてるだけ。

先生の言う通りじゃん、って

わかっていたのに、なんか衝撃を受ける自分。


結局は、

起きていること

起こったこと

環境

に対峙せず、逃げていただけ。


今は

良いことも

良くないことも

全部しらふで向きあっていきたい、

それでしか進めないんだと思う。


ただ、怒りというか、イライラしたら、とにかく飲みたい!!となる。酔った感覚が欲しくてたまらなくなる。それを自分でどうコントロールして生きていくか、というのが課題。


自分を生きるってほんと難しいよな、と思う毎日。