読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きぼうは遠い日のおもいで

目標はお酒を飲まないことじゃない

私の精神看護への一番はじめの印象で残っているのが

精神Ⅰの教科書の絵。

輪になった人が席で好きなことをしていて

さらに輪の真ん中に寝そべっている人、が描かれていて。

とにかくそれが自由な感じで、強烈に響いた。

 


話は変わり、

私の生活は少しましになった。

何よりアルコールの問題に気づくことができたのが大きい。

それでもこの授業のときは自分がアルコールに依存していたまっただ中

だったので、授業はほとんど寝ていた。

で、自分の枕にしていたクッションが落ちて、「うっとおしいな」と思いながら

拾い上げて、窓際のところに置いて、

そのままなんとなく前を見たら、先生がめっちゃこっちを見てた。

なんか目が合って、そのときは何にも思わなかったのだけど

(先生がアルコール専門医とか知らないし、まして先生の名前もクリニック調べようとするまで知らなかった)

あとで思うと、先生はなんかお酒のこと直観的にわかってたのかなと。

さらに最後の授業がアルコール依存に関してで、パワポの最初のスライドが

「アルコール」って書かれたのをじーーーっと見つめていたら

また先生が私のほうを見て、眼が合った。ってのも覚えている。

わかるよね、そりゃね、専門医から見たら。と今は思う。

そんときはなんも思わなかったけれど。

 

んで。これも思い返したのだけど、

最後の授業のあと、発表時の緊張をどうにかできないか、先生に質問したくて

教室を出た先生を追っかけた。

名前を知らないから「先生~」って2度呼ぶと振り向いてくれた。

それで、「あの、いつも緊張しすぎてて。どうしたらいいですか。」と聞いた。

 

にも関わらず、先生の第一声は、その質問への答えではなかった。

「お酒いつもどれくらい飲んでるの?」だった。

 

酒量を答えたら「アルコールはやめたほうがいいよ。」と返事があった。

それで、そんな考えなかったのに、なぜか咄嗟に出た言葉は

「あの。先生のところ行ってもいいですか?」だった。

 

先生は「電話繋がりにくいかもしれないけど、何回も電話してくれたら、

予約取れるから、電話してみて」と。

 

そのときは先生のクリニックが人気すごいってこともしらなくて

後日、電話をしたら「今は初診とってません。○月○日に予約開始です」と

自動音声の案内があった。

その当日、たまたま授業が午後からだったので、

緊張でお酒を飲んでから。。電話をして、無事1か月後の予約がとれた。

 

私は、ほんと人との出会いに恵まれていると思う。

あの先生の授業があったころが、人生で一番アルコールへの依存がひどくて

眠れないし、寝れたら寝れたで尋常じゃない寝汗。

ご飯食べずにお酒飲んでるだけで、ずっと気分悪いし、

だから気分をおさめるために朝からお酒飲んでいて、

なんとか学校へ行って。友達に「お酒くさい」と言われ。

昼間お酒がきれたら手足がしびれて、手が震えて吐き気がすごい。

だからお昼食べられなくて、寝てるだけ。

っていうのを繰り返してた。

友達には「お酒の飲みすぎじゃないの?」

って言われてたけど「違う」って否定してた。

だからあのタイミングで先生に会えたのは、

とてもとても幸運だったと思う。