きぼうは遠い日のおもいで

目標はお酒を飲まないことじゃない

アルコール病棟に入院を決めたら

いろんな人から見聞きしたり自分の経験から

ちょっとお役に立てればなという程度のものです。

参考になれば幸いです。

 

アルコール病棟に入院する前に

 

①病棟見学!!!!

 

これ後で思ったんですけど結構重要だと思います。

私のように選択肢のほとんどない場合ならともかく

選択肢のある地域の方ならなおさらしておきたいですね。

 

その病棟の人が見学中に挨拶をしてくれるか

掃除がいき届いているか(廊下、部屋、トイレが綺麗か)

 

案内などが黄ばんだり乱雑じゃないか

あとは開放的な感じか閉鎖的な感じかとか

自分に合うかなっていうところを

(酔っ払いながらの人も多いと思いますけど( ^∀^))

ヨッパらいながらも、見ておくのは損にならないと思います。

もしいくつか候補があれば、全部一旦見学したいもんですね。

1日2日の入院じゃないし生活の場になるので

フィーリングも大事♫

 

何か疑問があれば、なんでも案内してれる人に質問!!

この時案内してくれる人が、その人がわからなくてもすぐに誰かに

連絡を取ってくれて返答をくれると、

入院してからもそういうところは迅速な連携をしてくれると思われます。

 

②入院患者さんの表情、年齢層

 

やはり薬づけのところはぼんやりしている人が多い。

アルコールだけじゃなく、友人の見舞いなので他の精神病院を見た経緯からもそう感じます。顔が違う。

生き生きしてなくても、生気のない顔っていうのか

自分そうなりたいか??って自分に問うて

NOの顔が多いなら合ってないのかもしれません。

 

あとは年齢層。

高齢者が多いところもあります。

時期によって決められないちゃあ決められない部分でもあるかもですが

その時の病棟の年齢層は、自助グループに一緒に出かけたり

悩みを話したり、というのには重要なポイントかと思われます。

年齢でプログラムが違う病院もあるみたいなので

そういうのも知っておくといいかもしれません。

 

③主治医と方針

 

これは正直難しいですよね。

主治医はこちらから選べないのがほぼほぼですし、

病棟が同じでも先生は複数いるのが通常なので

相性の合う合わないはあります。

話を長々聞いてくれるのではなく、良くなるかならないか、

でも、全体としての方針、は①の病棟案内で聞いて見てもいいかもしれません。

 

自助グループで話していても

病院によって、よく使う薬ってあったり、こちらの話をよく聞いてくれるか、

あるいは診察が短くても看護師さんと連携が良くて

自分にあった薬をうまく出してくれるとか。

あとは眠剤とか薬を一切出さない病院もあるようです。

これもこれで好みでしょうか。

そこで回復している方もおられるので

何が一番いいか、それはわかりません。

ただ、方針としては知っておくに越したことはないかと思います。

 

今のクスリ

入院はイライラすると言っては頓服が出て

眠れないと言っては薬が増えて

身体がだるくてボーーッとしていたので

退院してクリニックに戻って、調整してもらえ助かっている。

 

今出してもらっているのは

レクサプロ

イミドール

オランザピン

頓服セルシン

 

イミドールはもともと自分に効果が感じられて

入院中も頼んで出してもらっていたので続行だけど

今自分に一番合っているのがオランザピン。

 

入院中は同じMARTAのクエチアピンだったんのだけど

身体がだるくてってのが前面に出て来てて

入院してる時はもう面倒臭いしそのまま受け入れてたんだけど、

クリニックに戻ってからはそれを話したらクエチアピンやめてみようって先生が言って

その後代わりにオランザピンになった。

 

そしたらかなりいい。

脳がいい感じに落ち着いて、上向きになるし、身体がだるくない。

何より朝の憂鬱感がかなりマシになった。

よく聞く体重増加も今の所ないから

久々にいい感じ。

 

薬は減らしていきたいけど

まずは現状維持でこれを。

 

にしても。

入院して管理されてると

だるくても眠くてもどうでもよくなってくるんだなと。

ほんとぼんやりしてたなーあの日中の眠気(/ _ ; )

薬漬けっていうより、はいはいもう従います面倒臭いしっていうのが

大きかったな。だんだん意欲がなくなっていく感じだったな。

今日中に眠気がないの、本当に嬉しい。

そして入院

クリニックの先生に、もうどうにもならない入院したいと言って

その足で職場で上司と話して

上司と先生が話して

先生が病院のワーカーさんに連絡を入れてくれた。

入院したいと先生に話した翌日には入院日が確定していた。

普通は初診の入院は受けないけれど、馴染みのクリニックの紹介ということでか

受けてもらえて初診で入院となって、それまでは仕事は休みをもらった。

その間4日。お酒を飲んで、酔ったまま親と入院の準備の買い出しに行って。

親に言うのが一番緊張した。

しかし意外にあっさりとしたものだった。

そりゃそうだろう、

あんたはお酒で破産するからなと泣かれていた状況だったのだから

いつかくるん日だと親も思っていたに違いない・・・

しかし協力が得られたのはありがたかった。

 

入院90日。

 

暑かったなー( ̄(工) ̄)

そして思い出したくないけど一番思い出すのが

初日の隔離室。。

人生最悪の思い出。

しまい忘れた使用済み、尿が入ったままのポータブルトイレ・・・

染み付いた臭い・・・

 

眠れなくて中をウロウロしていたら

何回か頓服を持って現れる看護師さん。

しかし効かないからずっと部屋をぐるぐるしているから

何回も看護師さんが懐中電灯を持って現れる。

 

その時のことは強烈に覚えているのけれど

入って1週間の記憶って他にないのが不思議。

本当に思い出せない。

 

あ、1こ。

翌日4人部屋に移って、でも食堂に来てご飯食べるなんて誰も教えてくれなくて

部屋で寝ていたら

「今日はここでいいけど」ってちょっとイラっとしながら看護師さんがご飯持って来て

こっちもえ?聞いてないけど??知らせろよってイラっとした。

そんなことだけ覚えてる_φ( ̄ー ̄ )

 

入院

しきりなおし!と出来ずに

だらだらと焼酎を飲む毎日。

仕事は体調不良と休んで、また出勤するのだけど、仕事以外はお酒で何も手につかず。


最後は洗濯も面倒になり、親に実家からわさ来てもらい洗濯乾燥してもらったり、シーツ交換してもらったり。

お酒飲みながら明日は仕事に行くしと言い、彼氏にじゃあこれもう捨てようと焼酎のパック捨てられそうになるのを、必死に抵抗して、結局朝まで飲んで仕事休んで、飲み続けた。


そしたらしんどくなった。

当たり前。


続く

エビリファイの感じ

睡眠欲激減。


もともと睡眠大好きで

寝るの優先してしまうので

やるべきことやれるかはちょうどよい。

続きすぎると休息を確保できない懸念はあるけれど、今のところ大丈夫。


頭がスッキリ

思考がまとまる。ザワッという感覚がましに。それに加えて、他者の目のニセモノ感覚が減る。

とくに液剤は不安、緊張に効いて助かっている。

どうやら6mg錠剤と6mg液剤投入で

気分が安定する感じ。


感覚的にはそんなとこで。

しんどい副作用はないかな。

ひさびさ

この三ヶ月は1ヶ月に4.5回は先生と話には行った。酔っ払ってて覚えてない診察もあるのだけど。

むしろ覚えてたら、先生が

え、覚えてるの?って(°▽°)笑ってて。

お酒飲んでても絶対怒られないから

むしろ励ましてくれるから

また行ける。

電話再診も何度頼んだか。

電話すごい苦手でめちゃくちゃ緊張するんだけど、話をすると落ち着く。


この間、色々ありすぎて

先生の前で泣きたくないのに泣いたり

夜勤でどうしようもなかった話をしたりだけど

先生は

あなたは出来ること全部したよ

努力したよ

他にすることはなかったよ

難しい状況のなかで考えて一生懸命したんでしょうって励ましてくれた。


どんだけ優しい人なのかと毎回思う。


見習っていきたいとも思う。


お酒やめられないけど

色々考え方が変わる。

貴重な場所。


薬は


セルシン5mg 3 錠を自分で調整

タケキャブ20mg

レクサプロ10mg1錠

イミドール 25mg2錠

エビリファイ6mg2錠

頓服でエビリファイ液剤6mg

(頓服飲んだらその分錠剤なしで)


セルシン効かないって言ったけど

これ以上ベンゾジアゼピン系は出したくない薬に依存してしまうよと

やはり出してもらえず。

緊張とぞっとするのに対してエビリファイ出してもらった。

イミドール は今はなくすとまた落ちてしまうかもだからしばらくこの処方でってことで。